脱毛の痛み

襟足とうなじ脱毛の痛み「襟足とうなじで痛みが違う」

投稿日:2016年1月16日 更新日:

襟足とうなじでは、少し痛みに違いはありますが、全体としては心配するほどの痛みではありません。襟足とうなじは脱毛部位の人気ランキングにはほとんど登場しませんが、実は隠れた人気部位です。電車の中やエレベーターの中など意外とよく見られている場所です。

また、後ろ姿美人などとよくいいますが、その一番の注目ポイントは襟足とうなじです。顔はメイクで隠せますが、隠せないのが襟足とうなじです。髪を纏めたりアップにする機会の多い人だけではなく、ショートヘアでも後ろ姿の決め手になるので、シッカリお手入れしておきたい部位です。

そんな隠れた人気部位「襟足とうなじ」脱毛の痛みについて、これから、後ろ姿美人を目指してサロンに通いたいと思っている人に、痛みの違いなど詳細情報、痛くないお勧めのサロンも紹介しています。

襟足とうなじ脱毛の痛み

襟足とうなじは混同されますが、本来は別の部位です。ちなみに、襟足とは「首の後ろの髪の生え際付近」のことで、うなじは「首の後ろのえり首」の部分のことです。

脱毛サロンの部位としては、一緒に脱毛するの扱いになっているのがほとんどです。

本来が別の部位であるように、痛みの感じ方にも違いがあります。

 

襟足とうなじは脱毛は「痛くありません!」

襟足とうなじの脱毛は、前に書いたように隠れた人気部位ですが、痛みについての口コミ情報が少なく、ネット検索した人のなかには「痛みが心配・・」という人も多くいるかもしれません。

結論から言ってしまうと、全体としては「痛くありません!」

ただし、細い毛のうなじと、髪の毛そのものの襟足では痛みの感じ方が違います。

脱毛の痛みを決める要素は、主に肌や皮膚の状態と毛質なので、痛みに違いがあるのは当然と言えば当然です。

 

それにも関わらず、多くのサロンがキャンペーン部位として取り上げるのは、脱毛効果が一番感じやすい部位だからです。

痛みは痛くない脱毛サロンやエステの光脱毛でも、パチンと輪ゴムで弾かれたような痛みが、他の部位と比較すると「強め」に感じます。

痛みを強めに感じる原因は、毛質と肌にあります。毛質は色も濃く太くしっかりしている上に毛が深いこと、さらに肌は柔らかで脂肪や筋肉がほとんどないことの、2つの脱毛で痛い要素が重なっているからです。

痛みの感じ方そのものに、大きな個人差はありますが、「ワキ脱毛が痛くなかった」という声は、口コミでもほとんど聞こえてきません。

襟足とうなじ脱毛「痛みの違い」

襟足とうなじ脱毛は、全体としては痛くないので心配はいりません。

脱毛サロンやエステの光脱毛であれば、よく痛みの例えで言われる「パチンと輪ゴムで弾かれたような痛み」が、最大で毛質と肌の状態ではそこまでの痛みを感じないかもしれません。

襟足とうなじの脱毛で痛いのは、「襟足」の方で髪の生え際に近い部分で、一瞬ですが「痛みを強め」に感じるかもしれません。しかし、けっして我慢出来ないような痛みではないので安心してください。

生え際は色素が濃く、最も太い毛の髪なのでやはり痛みを強く感じます。ただし、範囲が狭いので総じて痛みとしては楽です。

 

 

お得な「特別価格」「キャンペーン」を利用

襟足とうなじ脱毛は、脱毛サロンやエステで格安のキャンペーンとして、取り上げられることはありません。そこが、隠れた人気部位と言われる由縁かもしれません。

何と言っても、お勧めはジェイエステの『後ろ姿美人プラン』です。

このプランは、背中上(L)4回 + うなじ(S)4回に両ワキ12回がプレゼントで付くプランで、ジェイエステの有名な大人気プランです。

痛くない「冷光ヒアルロン酸スーパー脱毛」に、ヒアルロン酸トリートメント付なので、キメの細かいとても仕上がりが特徴です。

 

■一番のお勧めは、やはり有名な『後ろ姿美人プラン』
詳細:後ろ姿美人プラン

 


 

顔脱毛の痛み「さほど痛くない顔脱毛」
ワキ脱毛の痛み「一二を争う痛みがワキ脱毛」
ヒジ脱毛の痛み「ヒジ上・下で痛みが違う」
VIOの痛み「やっぱり痛いVIO脱毛」
ヒザ脱毛の痛み「ヒザ上・下・ヒザ小僧で痛みが違う」
脱毛の痛み一覧
脱毛キャンペーン・ランキング

-脱毛の痛み
-,

Copyright© 脱毛キャンペーンランキング , 2019 All Rights Reserved.