脱毛の自己処理

脱毛ワックスの自己処理「肌と毛穴の負担」

更新日:

脱毛ワックスは毛が粘着する原理で、強引に引き抜くので肌と毛穴の負担に大きな負担がかかる自己処理方法です。ワックス脱毛はカミソリと同じぐらい歴史的にも古く、クレオパトラも愛用したと言われています。

脱毛ワックスでの自己処理は素人には危険で日本人の肌に向いていません

種類として「ジェル状」や「シート状」の物などがあります。毛抜きと同じように、毛を再生する組織(毛母細胞・毛乳頭)は残り、完全な脱毛ではありません。 脱毛ワックスのメリット、デメリット、使う時の注意をまとめています。

メリット

  • 広範囲の毛が一度に処理できる
  • 比較的、持続性がある
  • 古い角質を剥がすので一時的にツルスベ肌になる

デメリット

脱毛ワックスは肌と毛穴へのダメージが多い脱毛方法

  • 無理やり引き剥がすことで痛い
  • 肌の防御機能で毛穴が閉じられ、埋もれ毛を発生する可能性
  • 毛根が刺激され増血作用で毛が太くなる
  • かぶれ、腫れ、内出血など炎症を起こす
  • 必要な角質まで一緒に剥がし肌トラブルの可能性

使う時の注意

  • 海外製は日本女性の肌に合わないこと多いので避ける
  • 溶けたワックスを毛穴に入り込ませるので、2〜3分後に剥がす
  • 利用前には必ずパッチテストをする
  • 利用後は肌の保湿を十分にする

ポイントまとめ

  • 比較的、脱毛の持続性はあるが一時的
  • 肌や毛穴(毛根)を傷めるリスクがある
  • パッチテストと肌の保湿は"必"

 


 

カミソリの自己処理「肌と毛穴の負担」
毛抜きで抜く自己処理「肌と毛穴の負担」
除毛クリームの自己処理「肌と毛穴の負担」
脱毛テープの自己処理「肌と毛穴の負担」
ブラジリアンワックスの材料・作り方
脱毛の自己処理一覧
脱毛キャンペーン・ランキング

-脱毛の自己処理
-,

Copyright© 脱毛キャンペーンランキング , 2019 All Rights Reserved.