脱毛の自己処理

脱毛テープの自己処理「肌と毛穴の負担」

更新日:

脱毛テープはシート状テープを毛に張って、粘着力を利用して毛を無理やり引き抜く、肌と毛穴への負担が大きいい自己処理です。近所のドラッグストアなどで手軽に買えて、大きさも部位に応じて色々なものがあります。

脱毛テープを使った自己処理脱毛

毛抜きや脱毛ワックスと同じように、毛を再生する組織(毛母細胞・毛乳頭)は、残るので完全な脱毛法ではありません。 脱毛テープのメリット、デメリット、使う時の注意をまとめています。

メリット

  • 手軽で価格も安い
  • 毛の再生サイクルが比較的長い

デメリット

  • 無理やり引き剥がすタイプで痛い
  • 産毛向きで太い丈夫な毛は抜けにくい
  • 埋もれ毛になりやすく、鳥肌のように汚れた肌になる
  • 毛根の刺激から増血作用で毛が太くなる

使う時の注意

  • 肌の保湿を必ずする
  • 肌を痛めやすく最低2週間の間隔を空ける
  • 剥がす時、毛の流れとは反対方向に剥がす

ポイントまとめ

  • 毛の再生サイクルが比較的長いが産毛向き
  • 埋もれ毛になりやすく、毛も太くなる
  • 肌の保湿と最低2週間の利用間隔

 


 

カミソリの自己処理「肌と毛穴の負担」
毛抜きで抜く自己処理「肌と毛穴の負担」
除毛クリームの自己処理「肌と毛穴の負担」
脱毛ワックスの自己処理「肌と毛穴の負担」
ブラジリアンワックスの材料・作り方
脱毛の自己処理一覧
脱毛キャンペーン・ランキング

-脱毛の自己処理
-,

Copyright© 脱毛キャンペーンランキング , 2019 All Rights Reserved.