脱毛キャンペーン・比較ランキング

脱毛は保湿がすべて!保湿しないと損する脱毛

投稿日:

脱毛は肌の保湿がポイント

脱毛で保湿すると、いいことだらけ

脱毛サロンやクリニックで脱毛をする前の準備で、一番大切なのは肌の保湿です。乾燥した肌に光脱毛やレーザーを照射すると、痛み、脱毛効果、仕上がりで損することばかりです。

同じサロンで、友達の方が回数が少なくて、綺麗に仕上ることがあります。

脱毛の「必要回数」「見た目の仕上がり」「痛みの感じ方」に個人差があります。

個人差の多くは、脱毛する肌の保湿状態の差よるものです。

保湿された肌は痛みが少ない

脱毛が痛くない光脱毛、痛いレーザーの方式を問わず、肌の保湿で施術中の痛みを大幅に軽減できます。

乾燥肌はバリア機能が低下しています。乾燥肌に光脱毛やレーザーを照射すると、一層強い痛みを感じます。

保湿された肌は脱毛効果が高い

保湿されたみずみずしい肌は、柔らかで弾力があります。これに対して、乾燥した肌はカサカサで硬くなっています。

硬く弾力のない肌は、脱毛器の光やレーザーの熱エネルギーが、毛穴の奥深くまで効率的に伝わらず、ロスが発生して脱毛効果が低下します。

乾燥した肌は脱毛器のレベルを下げる

脱毛サロンやクリニックは、照射する前に肌の状態をチェックします。肌の状態に合わせて脱毛器のレベルを調整するのです。

保湿が不十分だったり乾燥肌の場合は、痛みや肌へのダメージ、ヤケドなどのトラブルを招きます。安全を考え脱毛器の「出力レベルを下げ」て照射します。

反対に保湿が十分な肌には「出力レベルを上げ」て照射できます。

当然、「レベルを下げる」と脱毛効果も低下します。この出力レベルの差が、効果と回数に大きく影響します。

保湿された肌は脱毛が綺麗に仕上がる

保湿された肌は照射された光の熱エネルギーが、均一に毛穴なの奥深くまで到達するので、脱毛にムラが出来ず綺麗に仕上がります。

脱毛に適した保湿、水分保有量

脱毛に適した保湿、水分保有量は40%~60%ぐらいで、乾燥肌といわれる状態は40%以下の場合です。脱毛サロンでは30%以下の場合、施術をしてくれない場合もあります。

肌に最適な水分量

夏も肌は乾燥する

肌が乾燥しやすい人も、夏は汗や皮脂の分泌が自然に増えます。肌表面に潤いを感じたりもします。

しかし、そう感じるだけです。実際はエアコンの乾燥した空気、扇風機の風、紫外線、洗いすぎたりして、夏も肌が乾燥しやすいのです。

夏になると冬以上に、肌が乾燥して困るという人もいます。

肌の保湿とはバリア機能を正常にすること

肌の表面は0.02mmの約20層からなる角質によって守られています。

この角質が肌の内部から水分が逃げ出すのを防ぎます。さらに皮脂と汗が肌の表面で皮脂膜が作られ、角質の潤いを保ちます。

つまり、肌は「角質」と「皮脂膜」の2つによって守れていて、これを『バリア機能』といいます。

乾燥肌は、乾燥した空気、紫外線、石鹸や洗剤の刺激などが原因で起こります。「角質」がダメージを受けたり、「皮脂膜」が取れてバリア機能の低下して起きる症状です。

脱毛サロンに行く前の保湿

日頃、保湿用化粧水や乳液などでケアをしている人も、サロンに行く前は入念にケアする必要があります。

乾燥肌の人、日頃のケアを怠っている場合は、サロンに行く『最低2〜3日前』からケアをします。

大事なポイントは、油成分の含まれていない化粧水や乳液を使うことです。

油分が含まれた化粧水や乳液で保湿すると、光やレーザーの光エネルギーがブロックされ、脱毛効果が低下してしまいます。

手に取った化粧水や乳液がサラサラした感触でも注意が必要です。ドラッグストアで販売されているケア用品に、油分が含まれていた製品も多くあります。

脱毛の保湿を機会に肌の保湿を見直してみる

肌の水分保持力が低下するとシワやたるみなど、肌トラブルで悩む原因になります。脱毛を機会に、肌の保湿を見直してみることをお勧めします。

「肌診断」で乾燥肌と診断されたけど?

デパートの化粧品販売カウンターにある、「肌診断」で「乾燥肌」「水分不足」と診断されたことがありませんか?

実は、この「肌診断」が必ずしも正しいとは言えません。多くは「間違った結果」の可能性があります。

肌の水分量はさまざまな要因から、一日中常に変化していて、乾いた空気に触れただけで乾燥します。

室内の施設は夏は冷房、冬は暖房でカラカラに乾燥しています。さらに、ファンデーションを塗った顔は「乾燥肌」「水分不足」と診断される可能性が高いのです。

自宅で簡単に測れる「肌チェッカー」

最近では自宅でも簡単に肌の水分量、保湿状態が測れる「肌チェッカー」が売られています。これを使えば、自宅の空気が乾燥していない条件で、素肌の保湿状態を知ることができます。

手軽に目安が分かる簡易型タイプは1,000円台から、高精度な20,000円台の物まであります。

Huntkey フェステ 美肌キープ 水分・油分チェッカー ホワイト HKJ-SK03W

肌の保湿状態のチェックに1つ持っている便利です。乾燥肌が原因で施術をして貰えないようなことも起きません。

乾燥肌を防ぐ日常7つの注意

乾燥肌にならない日頃からの注意

保湿用化粧水や乳液などのボディケアも大切ですが、それ以上に大切なのが日常から乾燥肌を防ぐ注意です。7つのポイントを意識するようにしましょう。

  1. バスタブのお湯は"ぬるめ"にする
  2. 必要以上にボディソープや石けんを使わない
  3. ナイロンタオルは使わない、摩擦で角層が痛んだり剥げ落ちます
  4. 部屋の空気を乾燥させないように加湿器を使う
  5. エアコンは肌の水分保有量を10%ぐらい減らすのでなるべく控える
  6. エアコンや扇風機の風に直接当たらないようにする
  7. 紫外線の対策を夏に限らずおこなう
11月の脱毛キャンペーン
脱毛キャンペーン・ランキング

脱毛サロン・エステのお得な4月の脱毛キャンペーンだけを一覧にした脱毛キャンペーンランキングです。 ミュゼ、キレイモ、ジェイエステ、ストラッシュ、銀座カラー、脱毛ラボ、プリート、エステティックTBC、エ ...

 

脱毛キャンペーン・ランキング関連ページ

脱毛キャンペーン・ランキング
脱毛キャンペーンランキング【東京編】
ワキ脱毛キャンペーン・ランキング
顔脱毛キャンペーン・ランキング
VIO脱毛キャンペーン・ランキング
ヒザ下脱毛キャンペーン・ランキング
全身脱毛キャンペーン・ランキング
ストラッシュ横浜アネックス店【先行予約】
ストラッシュ大宮西口店【さいたま市に新店舗オープン】
ミュゼのWEB予約100円、いつ終わっても不思議でない
ワキ脱毛でワキガ?ワキ臭の原因と対策
ミュゼ脱毛キャンペーン【期間限定50%割引】
顔脱毛の4つのメリット・3つのデメリット
顔脱毛の効果をサロンで実感する回数|サロンで産毛処理
VIO脱毛の回数と目安はどれくらい必要か
VIO脱毛の形【人気ランキング】
VIO脱毛の姿勢は恥ずかしい?エッ!丸見え?
VIO脱毛【医療脱毛とサロン・エステ】痛み比較|泣くほど痛い?
プリート・脱毛キャンペーン【VIO脱毛専門サロン】
VIO脱毛で解決アソコの嫌な臭い【デリケートゾーンの臭いと悩み】
VIO脱毛|かゆみ対策【応急対策とその後の対策】
全身脱毛は部位数だけでは決められない
全身脱毛1回分に必要な通う回数
全身脱毛コース選び重要なのは顔とVIO脱毛
全身脱毛は回数無制限がオススメの理由
キレイモ・全身脱毛キャンペーン【本物の月額制】
脱毛ラボ【全身脱毛コースの種類・通い方とキャンペーン】
脱毛ラボ|脱毛部位48ヶ所の詳細
脱毛ラボ『選べる24ヶ所・オーダーメイド』お得な利用法
永久脱毛に最も近い【TBCスーパー脱毛】
TBCのスーパー脱毛とライト脱毛の違いと特徴
光脱毛とレーザー脱毛の違い
SSCとIPL方式の違いと脱毛効果【どちらがイイのか】
サロン脱毛と医療脱毛の違い
脱毛キャンペーン部位の特徴
脱毛サロンの回数契約・月額制・都度払いとは
脱毛サロンやエステのカウンセリング
脱毛サロンのシェービング比較
未成年(19歳)で20歳未満の脱毛はの承諾・同意書が必要か?
永久脱毛は脱毛サロンで出来る?出来ない?
ニードル脱毛は「永久脱毛」唯一の方法
脱毛は保湿がすべて!保湿しないと損する脱毛
脱毛前にこれを守れば「効果と痛み」が違う!
サロンで脱毛後の「アフターケア」
脱毛効果の出やすい部位と、出にくい部位
毛周期と効果的な脱毛
サロンに通っている時の自己処理
人気脱毛サロンの営業時間
エタラビ業務停止のニュースで解約する?その方法!
銀座カラー【全身脱毛・300円お試しキャンペーン】は役に立つ!
ミュゼエクスプレス・記念キャンペーン【50%OFF】
ミュゼの任意整理でミュゼからの有利な乗り換え

-脱毛キャンペーン・比較ランキング
-, , ,

Copyright© 脱毛キャンペーンランキング , 2019 All Rights Reserved.